永代供養墓の解説とメリット

###Site Name###

永代供養墓とはお墓参りをしてくれる人がいなくてもお寺が代わりに永代にわたって責任をもって管理、供養してくれるお墓の事を言います、また一般的に他の方と同じお墓や納骨室に安置される事がほとんどでお寺によっては合同墓や合同納骨堂などと呼ばれることもありその呼び方にも多くの種類があります、造りのタイプも様々で普通のお墓を大きくしたものの地下に納骨室があるものやお骨を安置する納骨室を造りその下に合祀スペースがあるもの、また一般のお墓のように個人のお墓を立てる場合もあります。


永代供養墓のメリットとしては先にも書きましたがお寺が管理、供養してくれるのでお墓の管理をしてくれる方が身近にいない方や、自分の死後にお墓の事で子供や親族に負担をかけたくない方などに喜ばれているようです。



また個人墓を除いてですが墓石の費用がかからなく一般のお墓に比べ費用が安く済みますし、一式の料金を支払えばその後の管理費などを支払う必要のないことがほとんどでお墓に予算をかけたくない方や先祖代々のお墓の管理費が負担になっている方、また子供や親族にお墓の事で負担をかけたくない方にもお勧めできます。また例外はありますが宗旨宗派を問わずに受け入れてくれるお寺がほとんどで、宗教や宗派にこだわりたくない方や、伝統的なお墓の制度にとらわれたくない方にもお勧めできます。

Wikipedia情報探しに特化した総合サイトです。

永代供養墓の供養方法はお寺によって違いはありますが、お寺が責任をもって管理していただけるのが最大のメリットです。