新しいお墓のスタイル、樹木葬

###Site Name###

樹木葬というとなんとなく言葉から想像ができると思います。ただし、皆さんが思い浮かべたものと実際とで少し違うであろうところは、樹木葬とは墓地として認可されているところで行わなくてはならないというところです。


樹木を墓碑とし、散骨とは違いどこで行っても良いというものではありません。



しかし近年ではこの境界が曖昧になっていて、散骨できる場合もあります。

樹木葬は日本では1999年以降に採用され、近年ではたくさんの墓地や霊園でも行われています。
特徴としては、なんといっても費用が安いところでしょう。

通常ですと墓石代等で数百万かかると言われていますが、樹木葬の相場は30~70万と格安です。

また親族などの管理する方がいなくても、基本的に永代供養で弔ってくれます。
これからは少子高齢化、核家族等の問題でお墓の維持がなかなか難しい時代になるでしょうが、これなら安心ですね。

樹木葬には大きく分けて2パターンあります。
1つ目は所定の敷地に埋葬する方法です。

お客様に相応しいジョルダンニュース!の情報が必ずあります。

いわば霊園です。しかし敷地の中にお墓を設けるのではなく、1区画の中で木を墓標にしたり、1つの木の下で合同で眠ったりします。
公園のような環境ですのでいつでも、誰とでも訪れることができます。



もう1つは、里山へ埋葬する方法です。

こちらは自然の山の中で眠ります。


このため墓標等が分かりづらく、お墓参りというのがなかなか難しいのですが、植樹により自然と一体化できるので、里山の自然環境の保持にもつながります。