樹木葬の特徴とメリット

###Site Name###

一般的にお墓というと、墓石を建てるというイメージがありますが、近年埋葬方法はいろいろあります。

樹木葬は、墓石を建てる埋葬とは異なり霊園の敷地や自然の山や草花を植えてその下に骨を埋葬する方法です。

埋葬方法はさまざまで、初めから遺骨をそのまま土にそのまま遺骨を埋葬する場合や、一定期間骨壷に納めた後に合祀する場合や遺骨をパウダー状にしたりとその埋葬方法は管理する霊園により違いがあります。



また、埋葬のタイプも一人の遺骨に対して一本の樹木を植えるタイプと一本の樹木を植えた区画に複数の遺骨を埋葬するタイプがあります。
基本的に宗教や宗派などを問わない事が多く、お墓のように代々継承していく必要がありませんから後継者の心配を必要がありません。

また、管理の方法は永代供養と同じように霊園や管理団体が行ってくれますので心配はありません。



費用面でも墓石の費用より安く抑える事が出来ますので、費用面でも安心です。

ジョルダンニュース!といえばこちらです。

同じ区画に、血縁のない友人や大切なペットと一緒に眠る事が出来るのもメリットです。

また、納骨する場所が自然林を利用したり樹木や花木を植える埋葬方法なので環境保全にも繋がります。さらに自然葬でありながら、散骨とは違いお墓の形態に近く特定の場所にお墓参りをする事が出来るのもメリットです。

ただし、一度埋葬してしまうと取り出す事が出来ないので、樹木葬にする場合には後から親族間でトラブルになってしまう場合がありますので事前に親族間で相談してから樹木葬にする事を決定した方がいいです。